みずほ銀行住宅ローン

みずほ銀行の住宅ローンはどんな人に向いているのか?

みずほ銀行の住宅ローンには、どのようなメリットがあり、どのような人に向いているのか考えてみましょう

 

【大手銀行の安心感と低金利のバランス】

 

みずほ銀行の提供している住宅ローンの金利は、最安値というわけではありません。実際、いわゆるインターネット銀行など店舗を持たない銀行の方が、低い金利を提供しています。

 

しかし、いわゆる大手銀行の中で、みずほ銀行の住宅ローン金利はかなり低い部類に入ります。
みずほ銀行の住宅ローンは、大手ならではの安心感のある対応と、低金利バランスがとれており、多くの人にお勧めです。

 

【中古住宅購入代金とリフォーム費用の一括ローン】

 

一般に、中古住宅を購入する際、老朽化している部分をリフォームしたり、風呂やトイレなど中古として使いたくない部分をリフォームしたり、自分たちのライフスタイルに合うように、間取りを変更するリフォームを行なうなど、中古住宅の購入代金とリフォーム費用が一度に必要になる場合も多くあります。

 

そのような時に、一般の住宅ローンの場合には、中古住宅購入代金しかカバーしておらず、リフォーム費用を借りるには、リフォームローンや多目的ローンを組むしかありません。
みずほ銀行では、両者を一括してローンを組むことができます。
その際、ローン金利は住宅ローン金利が適用されますので、リフォームローンなどを使うより、有利な金利で借りることができます。

 

また、中古住宅の築年数による借入期間の制限はありません。なお、ローン契約自体は2つになりますので、印紙税や手数料は2つ分が必要になります。
従って、中古住宅を購入する人には、みずほ銀行の住宅ローンがお勧めです。

 

【買い替えローン】

 

住宅ローンが完済していない状態で、住宅の買い替えを行なう場合、現在の住宅の価値が下がっている場合、住宅ローンがいわゆる担保割れの状態になっていることがあります。
特に、景気が下がっている現在の経済状況では、地価が下落するなど、担保割れの状況は珍しいことではありません。
その場合、住宅の買い替えを行なう場合、現在の住宅ローンの残高と現在の物件価値との差額をローン債務者が負担しないと、ローンを解消することができません。

 

みずほ銀行では、現在の住宅ローンの担保割れに相当する金額と新しい物件の住宅ローンの金額を合わせてローンを組むことができます。
もちろん、すべての状況で可能ではなく、審査結果によっては、認められない場合があります。

 

しかし、新しい物件の購入金額を超えて住宅ローンを組む可能性がある商品はあまりありませんので、担保割れ状態で、住宅の買い替えを検討している人には、みずほ銀行の買い替えローンがお勧めです。


住宅ローンのオススメサイト集

住宅ローン年収目安は?何倍まで借入可能?【審査通る収入割合】
住宅ローンは年収の何倍が目安になるのでしょうか?住宅ローン審査に通るために必要な年収と返済額の条件をシミュレーションし研究しています。年収と住宅ローンの関係を知りたい方必見です。
www.getcialisdiscount.com/


みずほ銀行住宅ローンどんな人向き?【リフォーム費用・買い替えローン】関連ページ

安心の3種類の保険とは?
特典やサービスは何がある?
諸費用ってどのくらいかかる?