みずほ銀行住宅ローン

繰り上げ返済して返済総額を安くできる?

今回は、みずほ銀行の住宅ローンの繰り上げ返済についてご紹介したいと思います。

 

 

繰り上げ返済は、住宅ローンの総支払額を抑えるために、非常に効果的な方法の一つです。

 

 

繰り上げ返済には、返済後の月々の返済額を軽減する方法と、残りの返済期間を短縮する方法の2種類があります。

 

 

例えば、住宅ローンの元本の残りが2000万円、ローン支払い期間の残りが20年、ローン金利は全期間固定タイプで3%、ボーナス時の支払い増加なし、だったとします。

 

このまま住宅ローンの支払を続けた場合には、月々の支払額は11万919円で、今後の20年間で2662万1469円を支払うことになります。

 

 

では、この時点で500万円を繰り上げ返済したと仮定します。

 

返済後の月々の返済額を軽減する方式の場合には、月々の支払額は8万3189円になります。
返済期間は変わらず20年間で、1996万6091円を支払うことになります。

 

繰り上げ返済分の500万円を足すと2496万6091円となり、繰り上げ返済を行なわなかった場合より、総支払い額が166万円ほど安くすむことになります。

 

次に、残りの返済期間を短縮した場合はどうでしょう? 

 

月々の支払額は、繰り上げ返済を行なわなかった場合とほぼ同じの10万9454円ですが、支払い期間が20年から14年に短縮されます。
残りのローン支払い額は1838万8911円となり、繰り上げ返済分の500万円を足すと2338万8911円となりました。

 

繰り上げ返済を行なわなかった場合より、総支払い額が323万円ほど安くすむことになります。

 

このように、繰り上げ返済を行なう場合には、残りの支払い期間を短縮するほうが、より効果的に総支払額を抑えることができます。

 

※また、みずほ銀行の住宅ローンでは、繰り上げ返済と似たような返済方法として、毎月の返済額を増額できる「返済額増額指定サービス」も取り扱っています。

 

(これは、月々繰り上げ返済を行なっていることと同じような効果があり、増額返済することにより元金が減り、その分、利息額も減っていきます。)

 

一般に、繰り上げ返済を行なうと、月々の返済額を再計算したり、保証料を調整したりする手間が増えますので、繰り上げ返済手数料を支払うことが一般的です。

 

みずほ銀行でも、変動金利方式では5250円/件、固定金利選択方式や全期間固定金利方式では5250〜5万2500円/件の手数料を支払う必要があります。

 

しかし、みずほダイレクトのインターネットバンキングを介して繰り上げ返済手続きを行った場合には、繰り上げ返済手数料が無料になるサービスを行なっています。

 

繰り上げ返済は、金額がまとまるまで待って一度に行なうより、少ない金額でもこまめに行なったほうが、より総支払額を抑えることができますので、繰り上げ返済を手数料無料で行なえるということは非常に便利です。


みずほ銀行住宅ローンは得?繰り上げの返済方法は?【手数料が無料に?】記事一覧

みずほ銀行住宅ローン安心?返せなくなった時の為!【3つの保険とは?】

今回は、みずほ銀行の住宅ローンに関連する3種類の保険についてご紹介したいと思います。住宅ローンの返済は、最長35年と非常に長期に渡ります。ローン返済を開始した頃には、予測できないようなアクシデントに見舞われる可能性もありえます。みずほ銀行の住宅ローンは、“もしも”に備えた3種類の保険が用意されている...

≫続きを読む

 

みずほ銀行住宅ローンの特典・サービスは?【優遇ローン・ネットバンク】

今回は、みずほ銀行の住宅ローンの優遇措置や特典、サービスなどについて、ご紹介したいと思います。みずほ銀行では、住宅ローンを利用中または完済した人を対象とした様々なサービスを展開しています。※しかし、これらのサービスは、みずほ銀行独自の住宅ローンが対象となっており、フラット35は対象外です。みずほ銀行...

≫続きを読む

 

みずほ銀行住宅ローンの諸費用高い?【シミュレーションで確認すべし!】

みずほ銀行の住宅ローンにかかる諸費用についてみてみましょう。みずほ銀行では、いろいろな住宅ローンのシミュレーションをWEBサイト上で行なうことができます。その中で、諸費用についてもシミュレーションを行なうことができます。1.取り扱い手数料取り扱い手数料は、住宅ローンを締結するにあたって、ローン申込者...

≫続きを読む

 

みずほ銀行住宅ローンどんな人向き?【リフォーム費用・買い替えローン】

みずほ銀行の住宅ローンには、どのようなメリットがあり、どのような人に向いているのか考えてみましょう【大手銀行の安心感と低金利のバランス】みずほ銀行の提供している住宅ローンの金利は、最安値というわけではありません。実際、いわゆるインターネット銀行など店舗を持たない銀行の方が、低い金利を提供しています。...

≫続きを読む